グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
"悪質設備業者"は、
「他の工事」を見計らってやって来る。気を付けろ!



 先週、丁度、このメルマガを書いている時、「その男」が現れた。如何にも、
"設備会社です"というような出で立ち・ユニフォーム。ついつい、家に入れた。


【入れてしまった理由】

 言い訳になってしまうが…

 その頃、タイミング良く、私の住むマンションでは、「排水管の洗浄」など
の作業が行なわれており、設備業者が、毎日のように、行き来していた。他の
補修工事なども、行なわれており、業者の出入りは頻繁であった。

 人間というのは「勘違いする動物」である。私は、仕事柄、人よりは「悪質
業者」に対する知識や対応法は、知っていると思う。だが、"過信はいけない"
ということを、この1件が、痛感させてくれた。

 目の前に立っている年の頃は24〜25歳くらいの「設備会社風の男」。私
は、この男を、最近、"マンションに出入りしている設備業者の社員"と、勝手
に、勘違いしたのであった。

 だから・・・

 水道の排水管を、「チョッと点検させて下さい」と言われた時も、何の疑問
も感じず、彼を中に、招き入れてしまった。すんなりと言われた彼は、逆に、
少し躊躇するような態度も、示した(後で考えるとこれも"演技")。


【"悪徳業者"とのやり取り】

 民間交渉人Tak(以下、Tak.)と、この悪徳業者の男W(以下、悪徳W)とのやり
取りの一部始終を、以下に記したい。今後、読者の皆様が、これを、一つの参
考として、"悪徳業者の毒牙"に懸からないことを、祈るのみだ。
───────────────────────────────────
悪徳W「水道は、どちらですか?」

Tak.「こっちだよ」
───────────────────────────────────
           〜排水管の点検もしないで〜
───────────────────────────────────
悪徳W「排水管の洗浄をしたばかりですからね。
    これからは、うまい水が飲めますね」

Tak.「水道水だって、カルキをとばしたり、1日汲み置くだけで、味が全然違
   うよ。俺は、料理や飲み水には、備長炭を入れて、汲み置いた水を使う」

悪徳W「よくご存じですね」

Tak.「でも、東京や大阪に比べたら、札幌の水は恵まれているよ。
   ペットボトルにそのまま入れて、売られているくらいだからね」

悪徳W「へぇ〜、そうなんですか。どこで売られているんですか?」

Tak.「市役所近くのローソンで売られていたみたいだよ。
   今はあるか分からないけど…」
───────────────────────────────────
        〜序盤戦は、"こんな水"の話題で進んだ〜
───────────────────────────────────
悪徳W「パソコン、たくさんありますねぇ〜」(目の前の机を指さし)

Tak.「4台あるよ。その内、3台が、マック」

悪徳W「へぇ〜、すごいですね。僕もやりたいんですけどね」

Tak.「好きなことから、始めないと、インテリアになっちゃうよ」

悪徳W「どのくらいするんですか?」
───────────────────────────────────
        〜こんな"パソコン談義"が、5〜6分続いた〜
───────────────────────────────────
悪徳W「ところで、"もっとおいしい水"を飲んでみたいと思いません?」

Tak.「まぁ、おいしいことに、越したことはないけど…」

悪徳W「普段なら、2〜3万円掛かる設備工事費が、今回はキャンペーン中で、
    "無料"なんですよ。まだ、枠があるかどうか聞いてみましょう」
───────────────────────────────────
         〜私の返事をほとんど聞かない内に〜
───────────────────────────────────
悪徳W「例の件なんですけど、まだ、枠空いてますか?
    あっ、まだ、空いています!」(携帯電話でどこかに問い合わせ)

   「(喜びの表情で)まだ、2つ空いているみたいです。ラッキーですね」
───────────────────────────────────
     〜ここで、"水道の横"を指さし、たたみ掛けるように〜
───────────────────────────────────
悪徳W「工事は簡単に終わります。直ぐに、おいしい水が飲めますよ!
    ただ、月に、最低でも、数百円いただくことになりますが…」
───────────────────────────────────
     〜ここまで、少し黙っていたが、彼の本音が分かると〜
───────────────────────────────────
Tak.「うちは、パソコンを使った仕事もしているが、警察と密接に連携してい
   るような仕事もしているんだ!おかしな業者は、直ぐに通報するぞ!」

悪徳W「いいえ、うちは、"ちゃんとした業者"ですよ」

Tak.「ちゃんとした業者なら、最初に、"名刺"を出すのが、筋だろう!!」
───────────────────────────────────
     〜チョッと、キョトンとした表情で"名刺"を差し出す〜
───────────────────────────────────
Tak.「分かった。もう、いらないから、出ていってくれ!」
  「ただ、おかしな事をやっているようなら、直ぐに、警察に知らせるぞ」
───────────────────────────────────
     〜恫喝された"悪徳W"は、すごすごと帰って行った〜
───────────────────────────────────


【今回の総括】

 本当は、こうなる前に、食い止めるべきなのである。それには、「自分で、
勝手に判断するな(勘違いするな)」ということである。特に、最近は、"工事
の情報"などを、事前に、収集してから、訪問するケースが増えている。

 また、これは、営業の常套手段(私も使っていた)なのだが、「先ず、相手を
ほめる」「部屋にあるモノに興味を示す」「"よくご存じですね"などと持ち上
げる」などがある。今回は、これがふんだんに、用いられている。

 後は、「その場で注文をもらってしまう」というのも、営業のテクニックの
一つである。確かめてはいないが、彼が携帯電話を使って、残りの「枠」を聞
いたのは、"自作自演"の可能性が高い。

 人間の心理に基づいた行動である。何かしらの興味がある場合、「残りわず
か=貴重=今、買わないと」という気持ちにさせるのである。この心理をうま
く突いたのが、彼の"自作自演"である。

 しかし、少しでも、営業経験のある人間から言わせると、こんなのは"初歩の
初歩"である。だが、高齢者や社会経験の少ない人は、こんな事でも、コロッと
欺されてしまう。

   「卑怯なことに、"寂しい気持ち"などに、付け込むのである」

 もう一つ、彼の行動で気になるのは、最初の訪問目的である「排水管の点検」
を、全くしていないことである。もし、家に招き入れてしまった場合、"本来の
目的"(業者にとっては違うが…)を、きちんと遂行しているか?を確かめること
である。

 それから・・・

 偽の名刺だとしても、「会社名」などが確認出来るモノは、もらっておくこ
と。後で、それが役に立ってくる。私も、後日、その電話番号に、連絡してみ
ると、面白いことが、判明した。
───────────────────────────────────
■名刺の全容(犯罪を未然に防ぐため、敢えて、"実名"にします)
───────────────────────────────────
[会社名]

 −限りある資源と暮らしを科学する−

    有限会社 北海道環境設備

    〒063-0801 札幌市西区二十四軒1条4丁目2番21号加森ビル3F
          TEL:(011)623-6277 FAX:(011)623-6278

 タックグループ 札幌市内 4店舗

 タックフリーダイヤル 0120−921−132(急に 良い水に)

[業務内容]

 洗面所・キッチン・トイレ・浴室 水回りのメンテナンス

 配管工事 水回りのリフォーム
───────────────────────────────────
《調査結果(推測含む)》
───────────────────────────────────
●代表電話、フリーダイヤル共に、「タックコールセンター」につながる。
 そこには、Yなる女性がいて、転送電話を受けている。おそらく、会社とは、
 関係のない"アルバイトの女性"であると推測される。

●「タックグループ」も、「北海道環境設備」も、インターネットでは、
 全く検索出来ない。従って、"4店舗"と書いてあるが、他の会社の存在が、
 明らかではない。

●おそらく、集団で、札幌市内にローラー作戦を敢行しているものと思われる。
 だが、慎重な部分もあり、作戦を決行する前には、情報収集しているものと
 考えられる。
───────────────────────────────────


「皆さんも、チョッとした心の隙間に、

                入り込んでくる"悪徳業者"にご用心を!」


     **貴方も既に・・・→ 
http://tinyurl.com/7krl6

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.