グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
姉歯、木村、内河…。
名前ばかりが踊る"耐震偽装問題"を冷静に解く



  昨年1年間で起こった震度1以上の地震2,333回。世界でも有数の地震
国であるニッポン。そこで起こった"耐震偽装問題"。安全に暮らすのは無理?


【自分のマンションが心配】

 "耐震偽装問題"が、起こってしまった。良く考えると、私も、マンションの
4階に住んでいる。一戸建てだとて、同じ様な問題がある。先にも挙げたよう
日本は「地震国」である。この事実からは、誰も逃れることが、出来ない。

 この事件をきっかけに、国交省や関連団体には、「自分のところの耐震強度
は、大丈夫なのか?」という問い合わせが、連日、相次いでいるようである。

 事件の顛末は、国やマスコミに任せるとして、今回は、「貴方が住んでいる
マンションや一軒家の"耐震強度を調べる"にはどうしたら良いか?」を、順を
追って、説明したいと思います。

 先ず・・・

[マンションや一戸建てが、建設されるまでの手順]
───────────────────────────────────
建築主(例・ヒューザー) → 設計を依頼された建築士(例・森田建築事務所)
                     ↓
行政機関  ←  建築確認申請  ← 設計の下請け(例・姉歯元建築士)
民間の                
指定確認検査機関           ・設計図や構造計算書など定められ
(例・イーホームズ)           た書類を作成
                                
  ↓審査をクリア

施工業者(例・木村建設)→建設に取りかかる→ 分譲業者(例・ヒューザー)
───────────────────────────────────

 これら全ては、「建築基準法」に則って、行われる。

 姉歯元建築士が、偽造した"構造計算書"は、「木造なら3階以上」「木造以
外は2階以上」の建築確認申請に、必要な書類となっている。報道でも分かる
通り、この中に「建物の"耐震強度"を計算した結果」が、記されている。

 つまり、この"構造計算書"を・・・

 探すところから、"耐震強度を調べる"ことは、始まる。
───────────────────────────────────
●"業者"を特定する。
───────────────────────────────────
 1.『構造計算の設計者』を特定する。

   構造計算書が、マンションの管理組合等にあれば、それを確認。しかし、
   上記でも分かるように、そこに記載している名前の設計士が、必ずしも、
   設計しているとは限らない。その場合は、分譲業者に確かめる。

   2001年8月以降、「マンション管理適正化法」により、構造計算書
   を含むマンションの設計図は、管理組合への引き渡しが義務付けられた。

 2.『建築確認検査機関』を特定する。

   建築確認時期が1999年4月以前については「全て行政機関」で審査

   詳細な行政の連絡先 → 
http://tinyurl.com/dgzom (PDFファイル)

   1999年5月以降については、分譲業者に確認する。

 3.『施工業者』を特定する。

   販売時のパンフレットで、確認。あるいは、分譲業者に確かめる。  
───────────────────────────────────
●"構造計算書"を、詳細に調査する。
───────────────────────────────────
 1.1981年6月以降の建築確認で、"構造計算書"がある場合

 2.1981年5月以前の建築確認 → 「耐震診断」が必要。

 *何故、2つに分かれるのか?

  1981年の建築基準法改正により、地震被害を防ぐための建物構造など
  に関する基準、いわゆる「新耐震基準」が新たに設けられた。これを適用
  した時期が、6月からだったから。

 ★どちらの場合にしても、専門家に調査してもらう必要がある。

  専門家の選定等については、国交省HP → http://tinyurl.com/9nldr
     (相談先の記述もアリ)

 *ただし、"構造計算書"を調べてもらう場合、一般的には、住民申し出を受
  けた「管理組合」が、窓口になる(一戸建ては個人)。
───────────────────────────────────

 最後に・・・

 どうして、「新耐震基準」が設けられたのか?

 日本建築学会によると、非常に大きな地震に対しても、建物が倒壊しない構
造にすることで、建物内の人的被害をなくすのが、基準の最大の目標。

 地震で、建物に掛かる「地震力」を算定する際、建物の揺れ方などを、より
厳密に計算するようにし、旧基準に比べ、正確に、見積もることが出来る。

 具体的な震度で示すと、中規模の地震(震度5強)に対しては、ほとんど損傷
を生じず、極めて、まれにしか発生しない大規模な地震(震度6強〜震度7)に
対しても、人命の危害を及ぼすような倒壊等の被害を生じないことを、目標と
している。

 ちなみに・・・

 昨年、震度5強=11回、震度6弱=2回、震度6強=2回、震度7=1回、
計16回の中・大規模地震が起きています。皆さんもご存じの通り、これらは、
ほとんど「中越地震」によるものです。

 しかし・・・

 地震国である日本では、どの地域で、今すぐに、この規模の地震が起こって
も、おかしくない環境にあります。「俺のところは、大地震なんか来ないよ」
そんな脳天気な発言が出来る日本人は、おそらくいないでしょう。

 それだけに・・・

 今回の一件で、1999年5月以降、民間も参入した"建築確認検査機関"の
チェックが、甘ければ、それに乗じて、「人々の安全など蔑ろ」にした自己の
経済原則が優先する輩によって、新基準など、雲散霧消してしまう事を露見し
てしまったことに、憤りを禁じ得ません。

 ただ・・・

 大災害になる前に、露見したことは、不幸中の幸いです。そのまま、彼らが
野放しにされていたら、どれだけの犠牲者が出てしまったことか…。考えるだ
けで、恐ろしいことです。


「JR西日本の時も、そうだったが、

 今回の登場人物達にも、判断基準は"お金"以外は存在しないのではないか」


  **貴方も見直してみては・・・→ http://tinyurl.com/8dp87

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.