グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
元・英会話学校勤務者が語る
「知られざる"真実"とその"実態"とは?」



 ある英会話学校が、突然、閉校した。今まで、何度もこういう事があった。
規模が問題ではない。実際、ここには、4,500名もの生徒がいたのに…。


【事件のあらまし】

 札幌、東京、京都、大阪、神戸、福岡で、英会話教室を開設していた
 『NCB英会話教習所(東京都新宿区)』が、1月26日、「業績不振」を、
 理由に、突然、閉校した。

 28日までに、連絡が取れなくなっていることが、判明。電話は通じない。

 HPには、運営する親会社の社長名で、26日付で、
───────────────────────────────────
   「運営続行を断念し、東京地裁に、破産申し立てを行う旨」

   「業界団体を通じて、生徒の受け入れ要請をしている旨」

   「クレジット利用者の連絡先、その他は破産管財人から連絡する旨」
  
       *詳細は → http://www.ncbenglish.com/
───────────────────────────────────

 NCB英会話教習所は、1980年に、開校している。上記の諸都市におい
 て、「グループレッスン形式」の英会話教室を開設し、書店などの店頭で、
 学生らを勧誘する手法で、受講生を増やした(私も、冷やかした事がある)。

 全国でも、おそらく同じ動きがあると思うが、ここ、札幌でも2月4日午後
 5時から、元同校札幌教室(中・南1西6)前で、「被害者の会(仮称)」の設
 立に向けた集会を、開く。


【英会話学校の"舞台裏"】

 実は、私、30代の前半、「ある英会話学校」に、2年ほど、勤務していま
した。そこの学校は、現在もありますが、当時、既に6,000名くらいの生
徒数があり、北海道では、おそらく"ナンバー1"だったはずです。

 私のやっていたことは、「国際会議のコーディネーター」「通訳・翻訳の営
業・手配」「各種言語を用いたパンフレットの営業・制作」などです。業務は、
深夜に渡ることも多く、非常な激務をこなしていました。

 月の残業が、100時間を超えることは、ザラで、最高では、200時間を
超えた時も、ありました。残業代はちゃんと付きましたが、それでも「手取り
で、20万円チョット」というような薄給でした。

 なぜなら・・・

 英会話学校で、正式に、外国人を受け入れ、採用すると「最低賃金25万円
(当時)」と、決められていると、社長から聞きました。私の記憶では、この事
実から、本当に使える外国人以外は、長期間雇用していなかったと思います。

 この社長は、当時から、本当に「お金にシビア」で、"無駄金は一円たりと
も、くれてやるか"という経営姿勢でした。それが行き過ぎて、社員の行動が
必要以上に気になったらしく、「盗聴器」を仕掛ける、何て事もされました。

 まぁ、それはさておき・・・

 一般的に、英会話学校に通うとなると、当然、「お金」が必要ですね。
───────────────────────────────────
     ● 月謝などを、「現金」で、支払う。

     ● 「クレジット」で、支払う。
───────────────────────────────────

 ほとんど、この"2通り"だと思います。

 英会話学校の本音としては、「どっちを選んでもらいたいと思います?」

 当然・・・

 「現金」じゃないですか。直ぐ、お金が入ってくるし。
 でも、1ヵ月分とか、少額しか入って来ないですよね。

 「クレジット」の方が、格段に良いのです。

 どうしてか・・・

 1度に、多額のお金が、「クレジット会社」を通して、英会話学校に、入っ
てくるからです。だから、学校側は、何とか「クレジット」に持っていくた
 めに、長時間のコースを作り、一見、お得なように、説明するのです。

 長時間となると、生徒側も「現金」では、払い切れません。だから、必然的
に、「クレジット」になり、英会話学校は、ほくそ笑むのです。今回の事件で
も、"先払いした授業料返還のめどが立たない"という人がかなりいます。

 ほとんどの英会話学校では・・・

 「クレジット会社から入ったお金」は、直ぐに、"会社の回転資金"と"人件
費"などに、飛んで行ってしまいます。大概の英会話学校は、経営に余裕があ
りません。私の勤めていたところも、例外ではありませんでした。

 ここからが本題です。

 「英会話学校は、なぜ、"潰れやすい"のか?」
───────────────────────────────────
  ・ 経営に、余裕がない。

  ・ 使えない外国人でも、それなりのお金を払わないと行けない。

    日本人から見ると、それほど働いていないように見えても、
    彼らは、日本人より、お金にうるさいのが、普通である。

    経営者は、どうしても「うるさいところ」から、払う傾向アリ。
───────────────────────────────────
  確かに・・・

  これらも、"潰れる"大きな要因であることは、間違いありません。

  しかし・・・一番大きな要因は『誤算』です。

  単純に、「何、それ?」と思いますよね。

  つまり・・・

「クレジット」でお金を払ってくれた生徒が、いますよね。彼らは、頑張
  って、英会話を学ぼうと、学校に通って来ます。ところが、3ヵ月以内に、
  半分以上は脱落し、通って来なくなります。

  『誤算』とは、この字の通り、"計算が狂う"ことです。英会話学校は、お
  よそ上記のような目算を立てています。その目算が狂い、「生徒がほとん
  ど脱落せずに通ってきたら、どうなるでしょうか?」

  授業を行うためには、「先生」は不可欠です。しかも、人数が決められて
  いるクラスに、それ以上の生徒を入れ込む訳には、行きません。上のよう
  な異常事態(本当は当たり前)になると、「先生」も「授業」も不足します。

  ここで・・・
───────────────────────────────────
  ● 直ぐに「先生」の数を増やすことが出来るでしょうか?

  ● 1日の時間が決められている中で、直ぐに「授業」を増やせますか?
───────────────────────────────────
  これらのバランスが崩れ、「先生」を雇うのもままならなくなり、生徒分
  の「授業」も成り立たなくなる状態が続くと、突然『閉校』という最悪の
  事態を招いてしまいます。
───────────────────────────────────
  だから、"英会話学校の本音"としては・・・
───────────────────────────────────
  「クレジットだけ組んでくれて、授業には来ない人」が、最高なのです。
───────────────────────────────────

 裏側から、こういう"英会話学校の実態"を知る人間としては、「英会話を本
当に、ブラッシュアップ(磨きをかけたい)したい方」は、"絶対に、通うな"と、
申し上げたい。

 でも、次の方には、オススメします(これらの人を否定はしません)。
───────────────────────────────────
 ★ ただ単に、友達を、作りたい方

 ★ 英会話を、趣味やファッションとして、捉えている方

 ★ 外国人講師と、仲良くなるのが、一番の目的だという方

 ★ 英会話学校に、「募金」をしたいリッチな方

 ★ "外国ナイズ"された催し物に、参加したい方
───────────────────────────────────

 今回の事件を一つの教訓として、『英会話学校の"真実"と"実態"』を、より
多くの人に知っていただきたいと、思う。そして、突然の閉校によって、"泣
き寝入り"することの無いように、北の空より、祈っています。


 「"英会話"が趣味? それは、あり得ないと思う。あくまでも、

  "英会話"は、コミュニケーションの手段であり、道具なのだから…」


     **英語の前に・・・→ http://tinyurl.com/cjk7y

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.