グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
本当に「無罪」であると思っているのか。
宮崎勤・死刑判決への反応1



 状況は全く異なるが、幼児が犠牲になる事件が、最近も起きた。どんな状況
であろうとも、守らなければならない子供達。加害者の"心の闇"は二の次だ!


【同じ"37年"生まれ】

 1月17日、「ある判決」が、最高裁で言い渡された。

 それは・・・宮崎勤(43)という男に、「死刑」が確定されたというもの。

 この宮崎勤という男が起こした事件とは・・・『連続幼女誘拐殺人事件』
───────────────────────────────────
1988(昭和63)年8月、埼玉県入間市で、宮崎勤が、幼稚園児(当時4歳)
を車で連れ去り、東京都五日市町(現あきる野市)内の山林で、首を絞めて殺害。
同年10月〜1989(平成元)年6月にかけて、同県飯能市や川越市、東京都
江東区で、4〜7歳(当時)の幼女3人を次々と殺害した。

更に、この事件の特徴だったのは、「遺骨を被害者の自宅に届ける」「犯行声
明や告白文を報道機関に送る」など…。今までになかった手口で、展開し、異
常な様相を呈していったことである。
───────────────────────────────────
*1989年は、昭和天皇の崩御のため、1月7日までが、昭和64年だった。
───────────────────────────────────

 もう、18年近く前の事件なので、記憶が薄れていた方も、多いと思う。し
かし、私は、「極悪非道な犯行」「"アナグラム"を使った斬新な手口」「残虐
な殺人とは正反対の容姿」などから、強く脳裏に焼き付いている。

 おそらく、犯行声明や告白文に、"アナグラム=文字を色々と組み合わせて、
意味を形成する"を、初めて大胆に使った事件は、これが初めてだったと思う。
その後、神戸児童連続殺人事件の酒鬼薔薇聖斗などにも、踏襲されている。

 しかも、彼は、生まれ年が、私と同じだった。マスコミなどでも、昭和37
年生まれが、クローズアップされた。宮崎勤のイメージから、「オタク世代」
などとも、呼ばれ始めていた。当時、肩身が狭かったことを覚えている。

 ここで、宮崎勤の生い立ちを・・・
───────────────────────────────────
1962(昭和37)年8月 東京都五日市町(現あきる野市)の地元新聞・印刷
             会社を経営、裕福な父親の長男として誕生。
             祖父が村会議員、父親が自治体役員、地元の名士

             しかし、彼は、「生まれつき両手のひらを上に向
             けることが出来ない難病(両側先天性橈尺骨癒合症」
             を持っていた。

             家には、祖父母、両親、叔母3人が住んでいた。
───────────────────────────────────
幼稚園の時などは、「お遊戯が死ぬほど辛かった」と供述している。なぜなら、
それは、上記、難病のためである。

彼が、父親や母親にあまり心を開かなかったのは、「この難病の治療をきちん
としてくれなかった」という恨みがあるのではないかと思われる。
───────────────────────────────────
小学校の時は、怪獣に詳しく、「怪獣博士」などと呼ばれていたが、決して、
クラスの人気者ではなく、目立たない存在だった。この時代に、こんな逸話が
残されている。

*私も「怪獣博士」と呼ばれていた。私達の世代は「ウルトラマン」と「仮面
 ライダー」は、どうしても友達との関係の中で、欠かせないアイテムだった。

「うちのことを、作文に書きなさい」という課題に対して、彼は、家業であっ
た印刷の工程のことは、詳しすぎるほど良く書かれていたが、そこには、家族
の姿が全く書かれていなかったとのことだ。
───────────────────────────────────
中学時代も、小学校とそれほど変わらず、友達も少なく、仲間からは孤立した
存在であった。学力は、"中の下"くらい。
───────────────────────────────────
高校は、通学に片道2時間もかかる都心の高校を選んだ。理由は、「ずっと、
掌を気にしていたため、女生徒がいない男子校」にしたとのことである。

だが、高校時代の学友にも、「目立たなくて、暗い人間」という印象しか与え
なかった。学力も、"中の下"くらい。
───────────────────────────────────
1981(昭和56)年4月 "家業を継ぐ"という名目で、T工芸大短期大学部
             画像技術科に、推薦入学。

             この頃、彼は「パズルに熱中」し、専門誌に、パ
             ズルの回答を頻繁に送っていた。けれど、異性に
             関しては、"掌のコンプレックス"から、興味はな
             かった様子だった(実は、人一倍あったのでは?)。

             それを裏付けるように、友人とテニスの試合を見
             に行き、若い女性の"パンチラ"に興味を示し、そ
             の後、そういう写真を撮る(今でいう"盗撮")よう
             になった。

             同級生に、タレントの川崎麻世がいたが、その後
             のインタビューで、「宮崎を全然覚えていない」
             と答えている。
───────────────────────────────────
1983(昭和58)年4月 短大を卒業後、父親の紹介で、叔父が経営する印
             刷会社に就職。しかし、勤務態度は、無気力で、
             怠慢、同僚の評判は最悪であった。
───────────────────────────────────
1986(昭和61)年1月 23歳。原因不明の「左の顔が変形する神経麻痺」
             に罹った。脳器質への異常な影響がある場合も。
───────────────────────────────────
          3月 職場を依願退職させられる。3年間のサラリーマ
             ン生活もエンド。この後、自宅にこもり、ビデオ
             三昧の生活を送るようになる。
───────────────────────────────────
          9月 運転免許を取得後、家業を手伝うようになった。

             アニメ同人誌を発刊したが、仲間から嫌われ、協
             力も得られず、わずか1号で、廃刊。

             父親の意向で、4回見合いをさせられたが、ほと
             んど会話が成り立たず、全て断られた。
───────────────────────────────────
        12月末 母親が、180万円の車を買い与える。

             自分勝手なドライブで、友人をあきれさせる。
             2年半あまりで、走行距離約4万2千キロ。

             サラリーマン生活で、貯金が300万円以上あっ
             たが、そのほとんどを惜しげもなく、ビデオテー
             プの収集に費やす。

             ビデオサークルの会員になる。会員は、「放映さ
             れないテレビの録画代行をしあえる」という特典
             があり、宮崎にとっては、願ったり叶ったりだっ
             た。だが、自分勝手な性格から、ここでも仲間は
             ずれにされた。
───────────────────────────────────
1988(昭和63)年5月 彼に一番優しくしてくれ、頼りになった祖父が、
             犬を連れて、散歩中に、突然、脳溢血で倒れ、5
             日後に、88歳で死亡した。

             形見分けの席で、親戚に暴言を吐く。

             49日の法要で、家族と言い争って、窓ガラスを
             割る。

             7〜11月 五日町内のビデオショップで、45
             本のビデオを、万引。

             26歳の誕生日。
───────────────────────────────────
       8月22日 最初の犯行に及ぶ。
───────────────────────────────────

 "彼の生い立ち"を見てくると・・・

 どう考えても、"彼の生きる上での杖"であった祖父の死が、彼のつっかえ棒
(我慢)を外し、遂に、引き金(殺人)をひいてしまったのだろう。その根底には、
「掌の障がい」を小さい頃から、背負わされた(彼自身、そう思っている)恨み
辛みのようなものが、感じられる。


【"ビデオ=殺人"に結び付くのか?】

 宮崎勤の部屋から、押収されたビデオは、計5,793本。捜査員は、とに
かく「何が映っているか?」を確認するため、74人の捜査員と50台のビデ
オデッキを投入したにもかかわらず、何と"2週間"もかかったとのことだ。

 この中で、宮崎自身が撮影したり、録画した「事件関連のもの」が88本見
つかっている。

 その他のビデオの種類は、おおよそ次の「5つ」に大別される。
───────────────────────────────────
1.スプラッター(首や体が切り刻まれる)作品を含む"ホラーもの"作品
───────────────────────────────────
  「血肉の華」「ピーターの悪魔の女医さん」「ギニーピック」など
───────────────────────────────────
2.アニメ作品
───────────────────────────────────
  「宇宙戦艦ヤマト」「タイガーマスク」「いなかっぺ大将」
  「ゲゲゲの鬼太郎」「魔法使いサリー」など
───────────────────────────────────
3.特撮モノ作品
───────────────────────────────────
  「ウルトラマン」「仮面ライダー」「秘密戦隊ゴレンジャー」など
───────────────────────────────────
4.テレビドラマ作品
───────────────────────────────────
  「太陽にほえろ!」「隠密剣士」「コメットさん」「女王陛下の007」
                                など
───────────────────────────────────
5.アイドルもの作品
───────────────────────────────────
  「松田聖子」「ピンクレディのすべて」「後藤久美子」など
───────────────────────────────────

 この他にも、数は少ないが、「CF」とタイトルを付けたコマーシャルもの、
プロテニスやプロレスなどのスポーツ中継、アフリカの自然に生きるライオン
や、キリンなどのテレビドキュメンタリー番組まで、あったそうである。

 しかし・・・

 事件に関連すると思われるような「性的なもの」や「残酷なもの」は、全体
のわずか1%に、過ぎなかった。また、どちらかと言うと、テープの使い方な
どに、杜撰なところがあり、彼は、マニアというよりは、数を多く収集するコ
レクターだったのではないかと、指摘する専門家もいる。

 正直・・・

 数はこんなに膨大ではないが、"ホラーもの"を除くと「民間交渉人2・Tak」
のコレクション、つまり、私の所有物とされても、全然、違和感がない。同年
代の人々は、そう思っている人が多いのではないだろうか。

 だから、私は、「オタク的な彼の趣味」に問題があるのではなく、"彼の生
い立ち"が、密接に関わっているのだと考える。特に問題だったのは「両親と
の間にほとんど会話がないこと」特に、父親との"コミュニケーション的断絶"
が、最大の要因であろう。

 その父親は、事件から5年後の1994(平成6)年11月21日、東京都
青梅市内の多摩川にかかる神代橋から、投身自殺を図り、全身打撲で、死亡し
ている。


「来週は、この事件と判決に関するマスコミと弁護士の反応を取り上げます」


    **何が"闇"なのか・・・→ http://tinyurl.com/ap6a4

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.