グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
「青信号」を守るのは当然!
でも、運転マナーも問題に・・・



【青信号を守っていたのに…】

 2003年2月大阪府門真市の交差点で青色信号を直進した自動車と赤信号
で交差点に侵入し、運転者と同乗者が死亡した事故で、青色で侵入した運転者
が、業務上過失致死罪で不起訴処分となっていた。

 しかし、死亡者遺族の検察審査会に申し立てを受け、検察は審査会の議決前
に府警と再捜査を開始し、一転して"在宅起訴"した。

 という記事を見た。

 当初、死亡者側が信号無視したのを重視し、「互いが交通ルールを守る事を
前提とした「信頼の原則」に基づき青色信号側の過失責任を問わなかった。

        「死亡者側も"死亡を理由"に不起訴」

【前方を注視していれば防げた?】

 しかし、交通事故厳罰化の流れに沿い、ドライバーにより、高度な注意義務
を求める判断から事故現場の見通しが良かった事から「前方を注視していれば
防げた」との判断に変更になった。

ここで冷静に状況を確認してみたい・・・

○現場は昼夜交通量が多いが、見通しが良い。
○青色側は交差点約100m手前で相手乗用車が確認できた。
○青色側は制限速度(時速60キロ)を約30キロオーバーしていた。

この3点が在宅起訴になった理由だが、確かに落ち度は多少あるが、

○死亡した側の速度はどうか?
○死亡側も相手の自動車を確認できた筈である。

【"信号を守る"大前提が…】

 "信号を守る"のは大前提であるはずであるにも関わらず、青色側が罪に問わ
れるなら、信号を守る必要性が無くなり、又、信号はいらない。

と…なるのでは?

  「益々、信号無視が増えるかも・・・取締りも出来なくなる」

 殺人事件などでは死亡した被害者が軽視され、加害者が優遇されていると以
前メルマガで取り上げたが、交通事故では最近、死亡者側が優遇(?)され、通
常の「赤は止まれ、青は進め」を守っても犯人とされるのは、合点がいかない。

 確かに青信号進入し、死亡事故を起こし、不起訴から起訴に変わったケース
があるが、この事故は、交差点左折の際、確認しなかった為であり、

 その上・・・

  「被害者をしばらく引きずっているなど悪質であったので当然!」


【Hassyのワンポイント・アドバイス】

○交差点の信号だが、前方の信号に従うが原則。

○何処で信号無視となるか? → 停止線通過時に赤になっていると信号無視

○前方の信号に従うので、交差点内右左折時は、対面信号は「赤」である。
 (交差点内で正面信号が赤の場合、青色信号で通行する車両、歩行者の進行
 を妨げる事無く、速やかに交差点より出なければならない)

※ 信号青で交差点を侵入しても、右左折時の正面は赤色信号なので勘違い
  しないでください。

[追伸]

【北海道の運転者の非常識マナー】

◆進路変更時 確認を確実に行わず、ウインカーを点けたら、即変更する。
 (他車の走行妨害、迷惑になっても我関せず)

◆ウインカーなどの合図が遅い。というより "遅過ぎ"
(ウインカー即右左折など)

*パトカーなど警察車両、タクシーや路線バス、トラックでも見かける。

◆走行も直進車優先、次に左方優先も全く守らず(知らない?)
            
*タクシーや路線バス、トラックでも見かける。

◆ウインカー、ストップランプの違法改造が多く他車が確認しにくい。

*法律で「ウインカーは、"黄色若しくは橙色"」「ストップランプは"赤色"と
 規定されていますが、色の変更、ストップランプとウインカーの作動を逆に
 するなどetc…。

◆警察官の取締りが少ない(スピード違反取り締まりに突出し過ぎ)。

◆赤色灯を点けた"緊急自動車"(救急車やパトカーなど)が近付いても、端によ
 ける行為や一時停止などしない車の割合が高い。


  「我がままで、我が先にが、典型的北海道人ドライバー!!」
    
         (だから、事故死亡者数「毎年全国一」情けない・・・)


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.