グレーゾーンの民間交渉人〜貴方に忍び寄る悪の手

トップ プロフィール 交渉人メルマガ 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ






Taku’s本屋
今までメルマガで
取り上げた本が
ここに集結!!







無料・交渉人レポート
申込みページへ

ナンバープレートに「ICチップ」は
"セキュリティ対策"に繋がるか?



 国交省の「スマートプレート」が遂に、実用に向け、本格的な実証実験に入
る。先ずは、千葉県で"タクシー"からだそうだ。国民の利益には繋がるのか?


【"スマートプレート"って何?】
───────────────────────────────────
 "スマートプレート" = ICチップ付き・車のナンバープレート
───────────────────────────────────
             [ICチップに格納される予定の情報]
───────────────────────────────────
             大型・小型などの車両分類、低公害・燃料種別、
             登録番号、車体番号、重さ、幅、高さなどの車両
             の各種情報など。
───────────────────────────────────
 交通関係の情報を活用するための基盤整備ITS(高度道路交通システム)の
一つになります。他には、貴方もご存じのカーナビ、ETC、車間距離保持装
置、赤外線による歩行者発見システム、タクシーのGPS配車、信号機一括制
御システムなども、ITSに入ります。

 国交省では、2000年から、"スマートプレート"の開発に着手しました。
しかし、お役所特有の「縦割りの弊害」「縄張り意識」から、"ETC"に後塵
を拝することと、なりました。
───────────────────────────────────
 "スマートプレート" = 旧運輸省プロジェクト → 自動車交通局

      "ETC" = 旧建設省プロジェクト → 道路局
───────────────────────────────────

 その重い腰を・・・

 昨年、愛知県で行われた「愛・地球博」にて、"スマートプレート"のデモン
ストレーションを実施。漸く、本年1月3日、"スマートプレート"の実用化に
向けた取り組みを、本格化させることを、決定した。

 今後・・・
───────────────────────────────────
 2006年4月 千葉市で"スマートプレート"を使ったタクシーの配車実験
                ↓
         既にある有識者による「検討調査委員会」に、
         実験の実施状況などを報告
                ↓
         「検討調査委員会」で、"スマートプレート"の利用方法
                    導入の時期などを協議
                ↓
         2006年夏をめどに、報告をまとめる。
───────────────────────────────────
 "スマートプレート"導入の趣旨は・・・
───────────────────────────────────
 ICチップに、記憶させた情報 → 道路沿いなどに設置したアンテナを 
                  通じて、受け取る。
                        ↓
 渋滞緩和、セキュリティ対策に繋がる ← 車の動きを正確に把握
───────────────────────────────────
【"スマートプレート"導入の"利点"】
───────────────────────────────────
01.空港や港などの出入り口に、アンテナを設置。予め登録した車輌だけし
   か、出入り出来ないようにし、不審車両の侵入を防ぐ。

02.人通りの多い場所での交通事故を防ぐため、アンテナを一定間隔で設置
   して、車の進入を把握。

03.高齢者や目の不自由な人に、音声で、車両の接近を伝えるシステムも、
   構築可能。

04.車検証データの自動読み取り、出来る。

05.物流・旅客の流れの最適化することが、可能。

06.車輌運行の支援が、可能。

07.公共交通機関の支援が、可能。

08.民間サービスへの応用が、可能

09.都市部に流入する車に、課金することで、交通量を抑制する"ロードプ
   ライシング制度"に、使うことが、可能(それは、ETCでも可能)。

10.排ガス規制に違反する車輌の自動締め出しに、使える。
───────────────────────────────────
【"スマートプレート"導入による"不利益"】
───────────────────────────────────
01.交通違反のような軽微な犯罪でも、過去にさかのぼって、調べることが
   出来る。そのため、法律を、自分勝手に、運用出来る可能性アリ。

02.社会的な信用を失墜させるために、権力者に、批判的な立場の人物に対
   して、スキャンダルを暴露するために、使われる可能性アリ。

03.従来の人間関係を、基にした犯罪捜査の方法が変わり、車で通過した時
   間や地点といった「条件」さえ、合致すれば、即、捜査対象になってし
   まうため、"免罪事件"が増えてしまう可能性アリ。

04.総務省の"住基ネット"と、もし、結び付くようなことがあったら、
  「巨大なスーパー情報管理システム」が誕生し、大規模な情報漏洩は必至
   になってしまう。

05."スマートプレート"は、車外に付いているため、非接触でも、データを
   「スキミング」により、読み取られる。そのため、戸外で、「車検証に
   記載されている情報」の漏れる危険性が、高い。

   何故なら、車は、ほとんどの場合、「外」に駐車しているから。もし、
   情報を、全部か、一部でも、「スキミング」出来れば、その情報によっ
   て、その車になりきる"なりすまし走行"が、可能となる。

   現在は、ナンバープレートを盗み、それを付けたりしているが、"スマー
   トプレート"になれば、数秒の「スキミング」行為によって、それが可
   能になる。

06.犯罪に悪用される。例えば、「犯行に使った車の情報」を、公共の駐車
   場に置かれている複数の車の"スマートプレート"に、上書き、あるいは、
   同じ情報を持たせた機器を取り付ける。この行為で、捜査を攪乱させる
   ことが、出来る。
───────────────────────────────────

 こう見てくると・・・

 国民の側から見た"利点"は、「渋滞の緩和」くらいで、他にはあまりない。
むしろ、『車を管理する側の利点』がほとんどである。国や会社に大きなメリ
ットがある"スマートプレート"の導入は、本当に必要なのかという疑念が湧く。

 しかも・・・

 「セキュリティ対策に繋がる」となっているが、"不利益"の項で、一目瞭然。
セキュリティに関して、「危ない可能性」は数多く挙がっているが、今よりも
「安全になる」という可能性は、挙がっていない。

 もし、これを・・・

 導入するとなったら、試算段階で既に「約400億円」くらいかかるとされ
ている。その上、車の所有者には、現在より、"スマートプレート"代として、
登録時に、「1,000円の上乗せ」が、予定されている。

 こういう大規模な"スマートプレート"の導入実験というのは「世界初」とい
うことらしい。しかし、その名誉に隠れて、一番重要な"セキュリティの確保"
と"国民の利益優先"が、蔑ろにされている。

 私は、正直、現在の大赤字国に転落した日本で、国民に対するメリットが薄
く、大金の掛かる"スマートプレート"の導入は、必要ないと思う。

 また・・・
 
 昨今の情報漏洩事件が、示しているように、「情報を集中させる」というこ
とは、「大量の情報が漏洩する可能性が高くなる」ということを、肝に銘じて
おかなければならない。あくまでも、管理するのは、"人"なのだから…。


「国交省さん、ここまで来たら、焦らないで下さい。

 "セキュリティの確保"、"国民の利益優先"が出来ない内は、止めてよ!!」

 
     **これって何者?・・・→ http://tinyurl.com/cwqrz


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン

「グレーゾーンの民間交渉人
〜貴方に忍び寄る悪の手」

自分を守りたい。
家族、友人を守りたい。
そんな、あなたに

メールアドレス:








トップ プロフィール 無料レポート関連 医療メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved
.